参拝・祈祷のご案内

浅間大神の鎮まります富士山は、気高く美しい山容で見るものすべてをひきつけ、人々のよりどころとなり、豊な湧き水をもって山麓を潤し、農業のみならず商工業にいたるまで、多くの恵みをもたらしてきました。当大社では、御参拝の方々がより深い御神縁を結ばれるよう、御祈祷を奉仕いたしております。また、地鎮祭など建築に関わることや、各所の御祓い等は、現地に赴き行っております。

家族・個人の御祈祷

良縁・子宝・安産(着帯の祝い)・蟲封・身体健全(無病息災・健康)・病気平癒・家内安全・開運招福・交通安全・海上安全(大漁満足)・登山安全・旅行安全・学業成就(合格)・厄除・方位除・火難消除・清祓(神棚・人形など)・神恩感謝(御礼・奉賽)など

子宝・安産

大神様が火の中で皇子を無事ご出産なされた故事から子宝・安産の御神徳が特に有名です。安産祈願は、着帯の祝いとも言い、腹帯をつける事を祝い安産を願うものです。懐妊5ヶ月目の戌(いぬ)の日に参拝するのが慣わしです。犬は安産であることからこの信仰があります。もし、都合がつかなければ日柄の良い日を選んで参拝されると良いでしょう。その際、腹帯の御祓いも致しますので必ずご持参下さい。(腹帯は当大社でも授与致しております。)

厄除・方位除

古来より体調の変化や事故等の災難に遭いやすい年齢を厄年といい、新しいことを始めないよう戒めたり、日頃の生活も慎むよう伝えられてきました。
浅間大神様の御加護により大難を除けられ、健康で幸福な生活を送りましょう。
厄年の主なものは下の表をご覧下さい。

厄年表(平成28年)
男性 女性
平成5年生 24歳前厄 平成11年生 18歳前厄
平成4年生 25歳本厄 平成10年生 19歳本厄
平成3年生 26歳後厄 平成9年生 20歳後厄
昭和51年生 41歳前厄 昭和60年生 32歳前厄
昭和50年生 42歳本厄 昭和59年生 33歳本厄
昭和49年生 43歳後厄 昭和58年生 34歳後厄
昭和32年 60歳前厄 昭和56年 36歳前厄
昭和31年 61歳本厄 昭和55年 37歳本厄
昭和30年 62歳後厄 昭和54年 38歳後厄
※年齢は数え年。太字は本厄。

交通安全(お車の御祓い)

年々交通量が増加し、交通事情も複雑化してきております。事故は一つのミスではなく、多くの偶然が重なった結果起きるものといわれています。大神様のご加護により災難を除き、安全で快適な生活をお送りたいものです。
御殿でご祈祷御奉仕の後、お車を御祓い致します。

神棚(新・古)・人形清祓

神様を祀ったお社や、大切にしていた人形などは、御霊が移っており、粗末にしてはいけません。きちんと御祓いを受けお納めしましょう。人形はケースなどを除き本体のみお持ち下さい。

人生儀礼・年齢祝

命名式・初宮詣・七五三祝・十三祝・成人祝・結婚式・還暦・古希・喜寿・傘寿・米寿・卒寿・白寿・上寿など

命名式

お子様が誕生して7日目に名付をする習わしから、命名をお七夜といいます。当大社では姓名学によって良い名前をお選び致しております。また、命名されたお名前を命名書に揮毫して神前に奉告し、誕生を感謝すると共に、御名のごとく幸福であることをお祈りします。

初宮詣

お子様が生まれて初めて神社にお参りされる事を初宮詣といいます。富士地区では51日目にお参りをすることから、51日のお参りと言うこともあります。この日数はあくまで目安ですので、お子様に無理がないよう良い日を選んでご参拝下さい。 子供は、氏神さまのみたまを分け戴いて生まれ、その絆は生涯変わりません。そのお恵みも親の愛情に変わらず深いものです。このお恵みに誠の感謝をささげ、終生のお守りを願いましょう。

七五三祝・十三祝

古く平安のころからある習わしで、男子は数え年の3歳、5歳、女子は3歳、7歳の年の11月15日にお参りをし、健やかな成長を感謝祈願するお祝いです。女子は十三祝といって13歳の時にお参りをする慣習もあります。

お申し込み

御来社時に授与所(終了時には社務所)にて備え付けの申し込み用紙に必要事項をご記入の上御祈祷料を添えてお申し込み下さい。

御祈祷料
厄除以外 5,000円より
厄除 6,000円より
御神楽 10,000円より
受付時間(平常時)
午前8時30分〜午後4時30分

※御神楽の奉納は、午前8時30分〜午後4時となります。
都合によって変更する場合があります。
詳しくは 0544-27-2002 社務所までお問い合わせ下さい。